苦情解決制度

title_img
安心安全な保育に繋げる苦情解決制度

社会福祉法第82条の規定に基づき、利用者様や近隣地域の方からいただく多様な苦情に適切に対応する体制を整えております。電話や面接、書面など様々な方法で苦情を受付していますので、気になることやご不満がある際はぜひご意見をお寄せください。苦情解決責任者や苦情受付担当者及び第三者委員も設置し、いただいた苦情をより迅速に解決に向けた対応ができるよう努力してまいります。

苦情解決制度

・社会福祉法第82条の規定により、保育所くまのこ園では、利用者様からの苦情に適切に対応する体制を整えております。保育所くまのこ園における苦情解決責任者、苦情受付担当者及び第三者委員を下記により設置し、苦情解決に努めておりますのでお知らせいたします。

●苦情解決責任者:園長

●苦情受付担当者:主任保育士

●第三者委員:菅町内会長

苦情解決の方法

・苦情の受付
 保育園への苦情は面接、電話、書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けます。

・苦情受付の報告、確認
 要望や苦情の受付後、速やかに苦情解決責任者と第三者委員(苦情相談申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く。)に報告の上、解決のための取り組みを行います。

・苦情・相談解決のための話し合い
 苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人は、第三者委員の助言や立会いを求めることができます。

対策と解決

・令和5年度(前期)苦情について、件数を公開いたします。
□4月 0件

□5月 0件

□6月 0件

□7月 1件

□8月 0件

□9月 0件

鳥さん
title_img
2023年度 前期

苦情内容・対策と解決

    

申請者 内容 対応・改善・結果

当園利用者 保護者より連絡帳にて、前日の降園時に子どもが口を動かしていることに気付き、中を見ると口の中にゴムチップ片が入っていたと、報告があった。聞き取りの結果、テラスの床材のゴムチップ片と思われる。
翌週、 園児が嘔吐し本児の口の中に虫よけパッチ状のものが入っていた。
口の中に異物が入っているということが2件続き多大なるご心配をおかけしてしまった。保護者の方に対し深く謝罪し、状況説明と下記の対策をお伝えした。今後職員一同、より一層の注意を払っていく。

対策
・ゴムチップ片を含む異物がテラスから室内に入らぬよう、0歳児保育室からはテラスの出入りをしないこととした
・テラス用の掃除機を購入し、頻繁にゴムチップの掃除を行う
・0歳児とその担任以外は極力0歳児保育室を使用しない
・園児の口の動き、異物が入っていないかを注視する
・園全体の環境設定を職員全員で再確認し、危険箇所の見直しを行った
・保育室内の点検の回数を増やし、清掃をこまめに行う
・虫よけパッチを園全体で使用禁止とし、保護者の方へのお知らせ配信と掲示を行った
※ 2023年度 前期